2011年03月16日

被災地 仙台から報告です。

マサヒトです。被災しています。笑い話のような現実です。とりあえず、私は中心部に暮らしていますので大丈夫です。とりあえず、報告しておきます。
カンパお願いします。たぶん、半年は仕事がなくなると思うので・・・。
posted by 幹事 at 15:23| Comment(7) | TrackBack(0) | 同窓生の投稿D組
この記事へのコメント
心配してました。
ご無事でなによりです。

同期会事務局
Posted by 同期会事務局 at 2011年03月16日 15:50
函館もそちらには比べものにならないながら被害がありました。そんな中3月12日予定通りプチ同期会を開き、参加者の皆さんも、被災地のことを心配してました。無事が確認できて安心しております。これからが大変だと思いますが、心より、お見舞い申し上げます。
Posted by 木村 雄二 at 2011年03月16日 16:48
同期会事務局さま

C組中村です。
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に被災された皆さまには心からお見舞い申し上げます。
また、北高同期生及びご家族の被災を知り心を痛めております。
是非、北高15期生向け義援カンパの開設をお願い致します。
宜しくお願い致します。
Posted by 中村 光貴 at 2011年03月17日 12:53
今回被災された皆さま大変でしょうが心を強くもって負けないで下さい。   出来る事があれば協力したいと思うのですが、窓口があれば、、、。  
Posted by 函館在住の女子 at 2011年03月18日 08:14
御無事でよかったです。
これから 大切なご家族を守って生活を支えてゆくのは大変でしょうが、頑張ってくださいね。
応援します。 元3年D組 女
Posted by 北斗市のおばさん at 2011年03月18日 09:31
頑張って、復興させて、来年の50th同窓会にはいきますので、よろしくお願いします。
Posted by マサヒト at 2011年03月18日 15:27
被災された方には心よりお見舞いを申し上げます。

身の毛のよだつ凄まじい現実です。
自然の力の前には人間は為す術もない・・・・。
津波の犠牲になった方たちの無念さ、我が身を
危険にさらし必死に戦っている原発関係の方たち
の胸の内を思うと、いたたまれなくなります。

自然のパワーに対して我々人間ができることは
あまりにもチッポケかもしれない、でも今は力を
合わせてこの現実を乗り越えなければなりません。

自分にできることは何か、今問われています。

マサヒトが無事でいてくれたこと神に感謝します。
Posted by モトハル at 2011年03月22日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43863959

この記事へのトラックバック